「グッチ」の商標に類似する商標を付した財布(正規品は4万5千円相当)1点を1万数千円で販売した疑いで11月12日に中国人留学生2人が逮捕されました。

盛岡東署と県警生活環境課は12日、高級ブランド「グッチ」の偽物を販売したとして、岩手大学大学院の中国人留学生王俊容疑者(26)と沈琪(しんき)容疑者(26)=いずれも盛岡市梨木町=を商標法違反(商標権侵害)の疑いで逮捕した。沈容疑者は容疑を認め、王容疑者は一部否認しているという。

標に類似する商標を付した財布(正規品は4万5千円相当)1点を1万数千円で販売した疑いが持たれている。

盛岡東署によると、両容疑者は07年ごろから類似品の販売を始めたと見られ、自宅から、グッチの類似品と見られる財布27点と、郵送に使った封筒やパソコンなど計156点が押収された王容疑者は「学費がほしかった」などと供述しているという。

学費がほしかったという動機には同情の余地があるが、何も偽ブランドを売らなくても...っと思ってしまう。偽ブランドがこの世の中からなくなる日はくるのだろうか?偽ブランドを欲しがる者がいる限り、偽ブランドを製造し、売る者がいる。いつまでたってもイタチゴッコのような気がする。