房山区周口店村西部の竜骨山にあり市内から50キロ離れたところにある、世界に名を馳せた古代人類の遺跡で、「北京原人」の古里ともいわれている。

「北京原人」は約25~60万年前の早期の人類の祖先で、かつて竜骨山の石灰岩の洞穴の中で生活し、旧石器時代の文化を築き上げ、大量の
遺物、遺跡を残している。  (北京五輪2008より)
遺跡は東西の長さが約140メートル、南北の幅が約2,5メートルから42メートルと不規則的な天然洞窟である。(中国の世界遺産)


アクセス 「天橋」バス停から917バス、西単ショッピングモールバス停から606バスで良郷へ、環2号で乗り換えて「周口店」バス停で下車。(北京五輪2008より)