秦の始皇帝陵は中国の歴史上最初の王朝の皇帝の陵墓で、西暦前246年に築造され、世界で規模が最も大きく、内容が最も豊かな皇帝の墓のひとつである。

その副葬坑である秦の兵馬俑坑が発見されたことは、考古学史上の重要な成果であり、「世界の八大奇跡」の一つといわれている。(北京五輪2008より)
  秦の始皇陵が造営されたのは紀元前246年から同208年の間と見られる。70万人もの職人が動員され、38年もの歳月をかけて
完成した。(中国の世界遺産より)
  1974年3月秦の始皇帝陵東約1,5キロのところに3つの大型兵馬陵坑が発見された。面積2万㎡の坑内には約8000点の陶製の兵馬俑が
雄大な軍人を組んでどっしりと立ち並んだ。(中国のミュージアムより)


アクセス 北京から西安まで飛行機を利用、市内から目的地まで駅広場発の専用バスで約45分  (中国の世界遺産より)
          あるいは東線の一日観光列車で秦の始皇帝陵と兵馬俑坑の観光スポットに直行できる。  (北京五輪2008より)